キャロウェイ815試打

石川遼や深堀圭一郎、上田桃子など、多くのトッププロが使用するキャロウェイビッグバーサアルファ815。

この815には、2種類のモデルがあります。

「ビッグバーサアルファ815」「ビッグバーサアルファ815◆◆(ダブルダイヤモンド)」

二つのドライバーがどのように違うのかという質問も多数受けますので、試打した感想も含めてご紹介します。

まずは、見た目から。この二つのドライバーは、見た目からも全く別物であることがわかります。同じ名前が付いているとは思えない形状の違いです。

アルファ815は、シャローで、お尻が随分と出っ張っています。これに対してダブルダイヤモンドは、かなりディープです。2015年最新モデルが続々とと登場していますが、最もディープなヘッドのドライバーです。正直、球が上がらなさそう。

実際に打ってみると、815は非常に打ちやすいドライバーですね。ヘッドスピードが42くらいの私でも、軽く振って気持ちよく飛んで行ってくれます。ヘッドの顔つきからしても、安心感がありゆったりと振ることが出来ます。

逆に、ダブルダイヤモンドは、ツイツイ一生懸命振っていこうとしてしまいます。やはりこのディープヘッドを見ると、力が入ります。ただ、最高飛距離は、このダブルダイヤモンドも方が飛んでいました。しっかり振ってヘッドスピード45くらいで芯を食うと、中弾道でなかなか落ちてこないですね。

[キャロウェイ]【送料無料】即納商品【2015モデル 日本正規品】BIG BERTHA ALPHA 815 ドライバ…

キャロウェイ ビッグバーサ アルファ 815 ◆◆ ダブル ダイヤモンド ドライバー シャフト:カーボン BIG BERTHA 日本仕様

キャロウェイ ビッグバーサ アルファ 815 ◆◆ ダブル ダイヤモンド ドライバー シャフト:カーボン BIG BERTHA 日本仕様

コメントを残す