ビッグバーサアルファ815と815ダブルダイヤモンド試打比較 

ビッグバーサアルファ815と815◆◆(ダブルダイヤモンド)を打ちくらべてみました。

まずは、見た目。正直、全く別物ですね。

アルファ815はシャローでお尻が随分出っ張っています。見た目からも非常に球が上がりやすそう。

アルファ815◆◆は、ディープ。構えた角度で見ると、如何にも上級者仕様のドライバーだなという感じです。


2015年/キャロウェイビッグバーサアルファ815 ドライバーCallaway BIG BERTHA専用カーボンシャ…


Callaway(キャロウェイ) BIG BERTHA ビッグバーサ ALPHA 815 ダブルダイヤモンド ドライバー BIG BERTHA シャフト 日本仕様 408190399337 2015 フレックス:S ハンド:right ロフト角:9 シャフト長さ:45in 番手:1W ライ角:57度

そして、打った感想。
まず、球の高さが全く違います。やはりアルファ815は、軽く振っていっても高弾道で飛んで行ってくれます。ヘッドスピードが40くらいでも高弾道で良い球が飛んで行ってくれます。非常に直進性にも優れていますので、安心感がありますね。あまりヘッドスピードがない私なら、間違いなくアルファ815を選びます。

815◆◆は、ヘッドスピード40くらいでは、飛ばないですね。私の打ち方の問題もあるかとは思いますが、やはり43以上は欲しいですね。実際、少しヘッドスピードを上げて、43くらいで打つと250ヤードくらい飛んでいるようです。今の時代ヘッドスピード43で250ヤードも飛ぶんですからスゴイですね。

総合的に考えて、私はドライバーもアイアンも軽くコントロール気味に打って行きたいタイプなので、ビッグバーサアルファ815とアルファ815ダブルダイヤモンドを比較した時には、前者を選ぶでしょう。
しかし、まだまだ若く、ドライバーは叩いていきたいという方には、ダブルダイヤモンドが良いのではないかと思います。

随分と売り切れ続出になっているようです。また、メーカーとしても、ロフトによって生産が追い付いていないものもあるようです。

コメントを残す